どーもKnobです。今回ハードオフにてGIGABYTEのピン折れLGA1155のマザーボードを300円で入手しました!!

今回はピン折れマザボを修理していきたいと思います!
通常のマザボの場合300円で入手できる物場合は大抵動作不可 パーツ取り用になってしまいますが今回のマザボは状態を見る限りcpu交換の際cpu落としてしまい、ピン折れとcpuグリスがピン周に付着していたので今回は多分cpuピン折れで他のパーツ等故障がないマザボを修理して行こうと思います。

今回修理必要な物

1.ヒートガン

2.フラックス

3.半田吸い取り線

4.半田ごて

5.LGA1155のcpu Soken

この道具がないとソケット交換はできません!

まだKnobはヒートガンを持っていなくLGA1155soketとフラックス、半田ごて、半田吸い取り線は持っていますが、8月15日までに入手できるのでお願いします。

今回LGA1155のソケットをebayにて390円ぐらいで購入しました。あまり日本では出回ってなくヤフオクなどに1000円以上で売られているので早めに欲しい方にはおすすめしますが、時間がかかっても大丈夫な方は個人輸入することをオススメします!

LGA1155のソケットはこんな感じです!(FOXCON製)

 

 

 

 

 

関連ニュース
  • LGAについて - Studio Yamada
    lgaを基板に実装させる時の手順をご紹介します。 まずは基板のパッドにクリーム半田を塗ります。 パッドの上部分だけ開口部の空いたメタルマスクを被せてクリーム半田を塗り込む方法が一般的ですね。
  • 事例紹介:LGAの実装不良 - Studio Yamada
    前回の記事ではlgaについて書きましたが、 今回は実際のご依頼についてご紹介します。 難易度の高いlgaの実装。各社さんなかなかご苦労されているようです。
  • パッケージの種類は多い!|LSIパッケージ設計|WTI
    半導体パッケージは挿入型、表面実装型(リードタイプ・bga)と呼ばれる半導体パッケージへと進化を遂げています。今回はこれらパッケージの詳細をご紹介します。これ以外にもたくさんの種類が存在します。
  • BGA(CSP)の不具合事例 その2 - プリント基板実装|基板改造|基板改修
    プリント基板実装の高度技術者集団 古賀電子です。 古賀電子にてx線(x-ray)撮影されたbga(csp)不具合の基板実装(実装基板)の不具合(半田ショート)事例です。 写真の右下で、bga(csp)の半田ボール間で繋がっている(半田ショート)している様子がわかります。
  • BGAパッケージの半導体デバイスとの接続構造
    図3及び図3の一部拡大図の図4は今回考案したBGAパッケージの半導体デバ イスとプリント配線板の接続構造を示した断面図である。1の半導体デバイスの 2の半田ボールと1の半導体デバイスの2の半田ボールと同じ間隔で配置された