広告




iPhone11 pro /pro Max

どーもknobです。
9月11日にiPhone11と11 Pro / 11 Pro Max
が発表されました。実際今回のiPhoneの11の特徴は3つのカメラレンズで日本ではタピオカカメラと言われています。実際今回はカメラ中心となったiPhoneと言ってもいいです。

今買った方がいいのか?

ネットではたくさんの賛否両論がありますが、knobが思ったことですが、今回のiPhone11シリーズには5Gのチップが搭載されていません。2020年からでは5Gで開始される予定ですが、knob自身5Gがすぐに日本全国対応は難しいと思います。5Gは4Gに比べて基地局が5Gの方が多く設置しないといけなく4Gより飛ばせる電波の距離が狭いので5Gが使える場所などが限られるじゃないかとKnobは思うのでiPhone11シリーズを買っても大丈夫かなと思います。 knobはiPhone11を9月13日にソフトバンクショップで予約してきます。

A13チップ魅力

iPhone11シリーズに搭載されるA13チップはapple公式ホームページのiPhone11 proのA13チップを引用させ手いただきまた。

引用元: https://www.apple.com/jp/iphone-11-pro/

私たちはA13 BionicをiPhone専用に設計し、チップ全体で機械学習にフォーカスしています。だから、ほかのスマートフォンではできない体験ができるのです。事実、あまりに速く、パワフルで、賢いので、ほかのどんなチップよりも何年も先を行っています。あなたが手にするのは、フェアではないほど高い性能です。
スマートフォンの中で最も速いチップ

64ビットFusion
アーキテクチャ
高性能コアが複雑なタスクをこれまでにない速さでこなします。同時に、特別に作られた高効率コアが日々のタスクを引き受けます。これにより、バッテリー駆動時間が飛躍的に延びました。

最速のCPU
スマートフォンの中で最速
CPUの2つの高性能コアは最大20%速く、消費電力は最大30%少なく。4つの高効率コアは最大20%速く、消費電力は最大40%少なく。

最速のGPU
スマートフォンの中で最速
Apple製GPUは最大20%速く、消費電力は最大40%少なくなりました。高いパフォーマンスを持つゲームや、最新のAR体験に最適です。

Neural Engine
による高度な機械学習
Apple製の8コアNeural Engineは最大20%速く、消費電力は最大15%少なく。これがトリプルカメラシステム、Face ID、ARアプリなどを動かす力になります。

機械学習

アクセラレータ
CPUの2つの機械学習アクセラレータは、行列演算をこれまでの最大6倍の速さで実行。CPUは1秒あたり1兆を超える演算処理ができます。

Core ML 3
によるアプリ内機械学習
A13 Bionicが持つ機械学習のパワーをデベロッパが活用できるように。Core ML 3は機械学習コントローラと連係し、各タスクをCPU、GPU、Neural Engineに自動的に振り分けます。

 

iPhone11シリーズバッテリー最長5時間持ち

今回のiPhone11pro Maxがバッテリー駆動時間最長5時間長持ちになりました。

iPhone11はバッテリー駆動時間が1時間

iPhone11 proのバッテリー駆動時間が最長4時間です。

ちょっとiPhone11はバッテリーの持ちが気になりますが値段が安くなったので気にしない人は多分いないと思います。

今回Knobが気づいたiPhone11の発表されていない変化

LEDライトの渦の丸が2つのなっている!
iPhone6sまではLEDライトが2つで渦も2つだけでした。iPhone7からはLEDライトが4つで渦が4つでしたが今回のiPhone11 ProのARでみる限りLEDライトが4つ搭載されているのはわかりますが、渦が2つだけです。iPhone11からはLEDライトにも変化があるのではないかと思います。

 

 

関連ニュース